いわきの地域ビルダー・注文住宅・リフォームなら 大好きの家 共力ハウス


大好き 共力ハウス

TOP > 低炭素住宅

低炭素住宅

省エネルギー基準の見直しと同時に新たに制定された「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)に基づき、「低炭素建築物新築等計画の認定制度」(低炭素建築物認定制度)が創設されました。これは、市街化区域等内において、低炭素化に関する先導的な基準に適合する建築物を認定する制度です。

低炭素建築物として認定されるためには、外皮性能の省エネルギー基準への適合に加え、一次エネルギー消費量が省エネルギー基準よりも10%削減できること、低炭素化対策を採用していることが要件となります。

一次エネルギー消費量の算定・評価は、独立行政法人建築研究所の「一次エネルギー消費量算定プログラム」を用いて行います。 一次エネルギー消費量算定プログラムは、独立行政法人建築研究所のホームページにて公開されています。

低炭素建築物として認定された建築物は、以下の優遇措置を受けることができます。(2013年8月現在)

建物全体の省エネ性能を評価する「一次エネルギー消費量」の基準が追加されます。 評価対象となる住宅において、@地域区分や床面積等の共通条件のもと、A実際の住宅の設計仕様で算定した設計一次エネルギー消費量が、B基準仕様(平成11年基準相当の外皮と標準的な設備)で算定した基準一次エネルギー消費量以下となることを基本とします。 一次エネルギー消費量は「暖冷房設備」、「換気設備」、「照明設備」、「給湯設備」、「家電等※1」のエネルギー消費量を合計して算出します。また、エネルギー利用効率設備(太陽光発電設備やコージェネレーション設備)による創出効果は、エネルギー削減量として差し引くことができます。

※5,000万円の控除対象限度額は、当該住宅取得に係る消費税率が8%又は10%の場合に限って適用されます。このため、消費税の経過措置により旧税率(5%)が適用される場合は平成26年4月以降の入居であっても3,000万円が控除対象借入限度額となります。

住宅ローン【フラット35】Sエコ(金利Aプラン)の省エネルギー性の基準に「認定低炭素住宅」が追加されました。フラット35の金利から当初10年間0.3%引き下げられます。

低炭素化に資する設備(再生利用可能エネルギーと連系した蓄電池、コージェネレーション設備等)について、通常の建築物の床面積を超える部分は、容積率算定時の述べ面積に算入されません。(1/20を限度)

home

i
WEB予約はこちら

いわき市で住まいのことなら共力ハウスへ! 共力ハウスはいわき市の住宅会社です。いわき市の地元住宅会社の中で、注文住宅満足度は常に上位!(平成25年度お引渡しのお客様で嬉し涙率86%をいただきました)『いつまでも家族の記憶にのこる家づくり』。まだ小さかった子どもが大きく成長をしたときにも、家づくりをしたときの事が家族の話題になる。家づくりを通して、記憶に残る、感動をしていただく機会を多くつくっております。人の考え方や暮らしはさまざま。注文住宅はその"十人十色"のお施主様の暮らしや生活に応えることです。共力ハウスは、一人一人のお客様の声に耳を傾け、夢の住まいづくりをお手伝いいたします。『いわきで共に生きていく家族に幸せと安らぎの住まいを提供し続ける』というミッションをもとに、社員それぞれがお客様に対応する姿勢を持っています。いわき市でマイホームをお考えの方はぜひ、お気軽にお問合せください。きっと、何かのお役に立てると思います。さて、マイホームを建てたいと思っている最初のお客様の窓口となるのが、今ご覧になってくださっているホームページです。いわき市内外で共力ハウスの注文住宅を建ててくださったお施主様のお家のご紹介を中心に、共力ハウスの家づくりの想いやスタッフ紹介など様々なコンテンツをご用意しております。これからも、お施主様や初めてのお客様にとって、交流や楽しめる場としていきたいと思っておりますので、ご期待ください!
ページの先頭へ