いわきの地域ビルダー・注文住宅・リフォームなら 大好きの家 共力ハウス


大好き 共力ハウス

TOP > 通風・創風

通風・創風

アクティブエコとパッシブエコ

アクティブエコとパッシブエコという言葉があります。
アクティブエコとは、太陽光発電システムでクリーンなエネルギーを作りだしたり、
高気密・高断熱の住宅で省エネをはかり、地球環境にやさしい暮らしを実現するものです。
それに対して、パッシブエコとは、住まいに自然をうまく取りこむスタイル。
お日さまの光をコントロールしたり、風の流れや植栽の配置を考えて、
住まいの居心地を高めるとともに、省エネを実現するものです。
いわきの民家には、古来よりパッシブエコの発想がたくさん取り入れられています。

快適な気候のいわき

いわきは寒暖の差が比較的少なく、気候に恵まれた地域です。
いわき市沖は、暖流と寒流が交わっており、その影響で冬温暖で夏涼しいという非常に過ごしやすい気候となっています。

いさきの気温

海岸部にある小名浜の日照時間は、全国81箇所の観測地点中、第12位。もちろん東北地方では1番です。

いわきの日照時間

通風・創風してますか?

LIXIL(東京都千代田区)は、関東・関西に住む20代〜60代の主婦1030人を対象に
「通風と節電」に関するアンケートを行いました。
調査によると、「通風」という言葉の認知率は9割弱(87.9%)で、
その節電効果については約7割が知っていたようです。
通風のために何か実践しているか聞くと60.7%が「ある」と回答。

通風のために実践していること
1位 窓を開ける
2位 扇風機を使用する
3位 換気扇を使用する
また、節電のために自宅の窓を開ける回数が増えたかたずねると、
「節電のために窓開け回数増えた」という回答が4割
年代が下がるほど増加の割合が高くなっており
20代では約6割(57.8%)が「増えた」と答えています。
夏の節電の定番は、通風ですね。
ところで、温度差換気を利用して空気を採り込む方法をご存知でしょうか。
共力ハウスではいわきの自然を上手に取り込み、エコな住まいを提案します。

LIXIL
home

WEB予約はこちら

いわき市で住まいのことなら共力ハウスへ! 共力ハウスはいわき市の住宅会社です。いわき市の地元住宅会社の中で、注文住宅満足度は常に上位!(平成25年度お引渡しのお客様で嬉し涙率86%をいただきました)『いつまでも家族の記憶にのこる家づくり』。まだ小さかった子どもが大きく成長をしたときにも、家づくりをしたときの事が家族の話題になる。家づくりを通して、記憶に残る、感動をしていただく機会を多くつくっております。人の考え方や暮らしはさまざま。注文住宅はその"十人十色"のお施主様の暮らしや生活に応えることです。共力ハウスは、一人一人のお客様の声に耳を傾け、夢の住まいづくりをお手伝いいたします。『いわきで共に生きていく家族に幸せと安らぎの住まいを提供し続ける』というミッションをもとに、社員それぞれがお客様に対応する姿勢を持っています。いわき市でマイホームをお考えの方はぜひ、お気軽にお問合せください。きっと、何かのお役に立てると思います。さて、マイホームを建てたいと思っている最初のお客様の窓口となるのが、今ご覧になってくださっているホームページです。いわき市内外で共力ハウスの注文住宅を建ててくださったお施主様のお家のご紹介を中心に、共力ハウスの家づくりの想いやスタッフ紹介など様々なコンテンツをご用意しております。これからも、お施主様や初めてのお客様にとって、交流や楽しめる場としていきたいと思っておりますので、ご期待ください!
ページの先頭へ